AGAの治療方法

AGAが進行してしまっても、現代の科学は治療方法が確率されており、ほとんどの場合治療することで改善することができます。効果があるといわれている方法に、治療薬を使うこと、植毛することなどがあります。医療薬を使用するやり方の場合、AGA治療に効果のある薬剤を服用・外用をすることで脱毛を防ぐ、発毛を促進させるなどの方法でAGAを改善する方法です。アメリカの食品医薬品がAGAの治療薬を認められているのは2013年の時点で2つしかなく、治療薬を使うほとんどの場合でこの2種類が使用されています。プロペシアやミノキシジルと呼ばれる治療薬を使用します。皮脂線の活動を抑制する、毛細血管も拡張を促すなどの効果があるため、AGAに対して効果があります。別の方法だと、HGRG治療法があり、成長を促す成分を配合した特殊な薬剤を頭皮に注入して細胞を活性化させる方法です。副作用がほとんどないのが魅力的ですが、治療料金が高いため、運用しているところが少ないのが難点となっています。

治療薬を使わない方法で、AGAを改善するならば、植毛という方法があります。植毛の方法も二種類あり、自毛植毛と人口毛植毛があります。自毛植毛は、後頭部か側頭部などで脱毛していない場所から毛根を移植する方法となっています。移植された毛根は、普通の髪の毛と同じように試聴を続けるため、自然な仕上がりろなることが最大のメリットです。ですが、一本ずつ移植作業を行なうため、コストが高い場合が多いです。人口毛植毛は、治療する本人の髪の毛に近いk身の毛を人口的に作成し、それを頭皮に移植する方法です。科学技術の進歩によって、人工毛もかなり本物に近い髪質に近づいてきています。短時間でボリュームを出すことが可能になるのも魅力的です。ただし、維持していくために定期的なケアが必要になります。AGAに効く方法はいろいろあるので、自分に合う方法を選んでしっかりとAGA対策をしましょう。